賃貸でやってみたいオシャレなインテリア

マンションやアパートといった賃貸の集合住宅における部屋のオシャレなレイアウトについてまとめてみました。

賃貸でやってみたいオシャレなインテリア

賃貸住宅のオシャレなレイアウト

賃貸の集合住宅では部屋の間取りがだいたいパターン化されておりますね。そうした部屋に家具をレイアウトする際に、ただ使いやすさだけを考えて配置していってしまうとどうしても生活感のあふれる、オシャレさが足りない部屋になってしまいがちです。そこで今回はこうした賃貸住宅の部屋におけるオシャレな家具のレイアウトについてまとめてみましょう。まず、汎用性の高い例としてダイニングキッチン6畳と居室6畳の1DKの間取りの部屋があるとします。ここにベッドスペース、ワークスペース、食事スペース、その他家具をそれぞれ独立させてオシャレかつ機能的に配置するとしたら、どうようにレイアウトするのが良いでしょう?

まず僕ならば居室の窓と並行にベッドを置きます。この際、ベッドは窓から45cm程離しておくことがポイントです。この45cmのスペースがあればベランダに出る際にベッドを踏んづけなくても良く、部屋の入り口からベッドを見た時に奥行きの詰まった圧迫感がなくなるからです。そして、その窓とベッドの45cmの間にベッドチェスト(引出)を置きます。ベッドチェストには上にベッドスタンドと目覚まし時計、引出の中にティッシュ箱等を置いておけば便利ですね。そしてベッドの反対側にベッドに対し垂直の壁に合わせて机を配置します。この際、机の下にゴミ箱を置くとベッドからも手を伸ばしやすくて便利です。さらに机と並行に反対側の壁に合わせてソファとキャビネットを並べて配置し、ソファの前にサイドテーブルを置きます。これで居室にベッドスペースとワークスペース、さらにくつろぎのソファスペースの3つが生活感を出すことなく確保されました。

お次はダイニングです。ここは食事スペースと応接スペースを確保したいところですので、円形のダイニングテーブルとダイニングチェアを真ん中に配置しましょう。円形のテーブルであれば来客人数が増えても対応しやすいからです。この際、テーブルから玄関のドアやキッチンセットが見えてしまうと生活感がでてしまうので、パーティションを配置して目隠ししてしまいましょう。これにより、ダイニングにはキッチンの調理スペースとダイニングセットの食事および応接スペースが確保されました。これは僕の好みの一例ですが生活感を押える効果は高いですのでご参考に。